トップ

インターネットへの接続速度

インターネット回線

インターネットの速度

インターネットの速度とは、契約しているプロバイダが定めた回線の通信速度のことを言います。データ量を表す時に使われる単位にbyte(バイト)がありますが、一秒間に何バイトのデータを送受信できるかを目安にしています。最近は光ケーブルを使ったブロードバンドと呼ばれる高速回線が普及し、一度に多くのデータを送受信できるようになりました。そのため、一秒間の間に1GB(ギガバイト)ものデータを送受信できる回線も登場しています。高速回線につながったインターネット環境では、ホームページの閲覧をするときにも快適にページが開くようになります。オンラインで動画再生をする場合、途中で読み込みのために動画が止まってしまうトラブルからも解放されます。

応答

ネットへの接続速度は体感で計る

インターネットへの接続が生活に欠かせない人が増えています。そして接続環境を確認する上でネットの接続速度を気にする人が数多くいます。確かにオンラインゲームや動画などをネット接続で利用する人は接続時の速度を気にする人が数多くいます。インターネットが始まる前は文字データの通信だったのでモデムなどの端末側のスピードよりもサーバーの処理能力が問題になりましたが、現在は膨大なデータを送受信できることが快適さの決め手となります。一番早いのは光ファイバーと言われていますが、基地局が隣の場合のADSLは光ファイバーよりも速いと言われたこともあります。利用者の体感で早いか遅いかが判断されることが多いので、ストレス度合いを測るというのも一つの方法です。

↑PAGE TOP